南総里見八犬伝に関するちっちゃなページ。

○更新りれき○
15/12/30 ろぐ50 up
15/10/20 関連作品紹介「八犬伝をおいかけて」更新
15/10/16 関連作品紹介「八犬伝をおいかけて」更新
更新りれき+雑記、拍手返信などはこちら 13/8/25からの簡易更新りれきはこちら
(小説に関してのたまくしげ更新履歴雑記はこちら
はじめてご訪問された方やここでのお約束や参考テキスト等は当ぺえじのごあんないをご覧ください。
おだやかのんびりまろやか更新が基本です。拍手などありがとうございます!
*
下記にもある通り現在おやすみ中です。
ですがそんな中でも、拍手のメッセージなど送って下さりありがとうございます!
嬉しいです、元気になります(*^-^*)!!
ブログで何か書く際、お返事させていただきますね!(16/06/11 管理人)
*
最近FC2ブログ・HPでJASRACからの著作権法による凍結が厳しくなってきております。
当ぺえじでも該当するものがいくつかありましたので修正を施しておりますが、
管理の行き届かないところがもしございましたら、ご了承ください。
再公開までしばらくおまちください(16/08/08 管理人)
*
年が明けたらねた絵を描くつもりでしたが、
こころがあまり八犬伝に向いていないため、しばらく更新はおやすみすることにしました。
中の人も仕事や執筆など、プライベートのあるごくふつうの人間です。
なにとぞご了承くだされば幸いです。(16/01/30 管理人)

○おしらせ○
掌編「滲んだ月」「今に咲く花」自家通販してます。
「滲んだ月」は助友と道節と竹野姫のシリアス掌編、
「今に咲く花」は弟姫と毛野と小文吾の三角関係なほのぼのシリアス掌編です。
創作長編「八犬士にはさせないで」もAmazon委託にて販売中です。ご興味があればオフラインよりどうぞ。

日本古典文学最長、そして最高の面白さを誇る近世文学後期読本の代表作。
それが曲亭馬琴(私的愛称・馬琴さま)の『南総里見八犬伝』
八犬伝に魅了されて一本オリジナル長編小説を書きあげてしまうくらいのファンの私。
いや、そういう方はいっぱいいらっしゃるけど! おまいだけじゃないから!

2012年9月24日に、約6年の歳月をかけて岩波文庫全10巻をついに読了! おそいよ!
それを機会にこのたまくしげ内八犬伝ページも2012年10月8日にリニュウアルしました。108。うふ。
おきあたまき八犬士の紹介・設定・その犬士に関しての想いや、彼らが登場するしょーもないネタ・まんが、
ネタとは違って原典を典拠にしたシリアス連作短編の小説群「八匹の犬より愛をこめて」
原典の各回について、話へのツッコミやメモ、解釈、考察などを記した「原典八犬伝読書めも」
八犬伝の原典や抄訳・小説・マンガ・映像作品etcの関連作品を紹介した「八犬伝をおいかけて」
ほかいろんなことに100%八犬伝興味を全開にしていく趣味のぺえじです。

私tamakiと八犬伝とのなれそめやハマっていく経緯・心構えなどについては「わたしと八犬伝」
オリジナルでない八犬士について、二次作品などごちゃまぜにした感想や雑感は「各八犬士所感」からどうぞ。
「たまきはる八犬伝」は拙ブログ「たまきはる」の八犬伝カテゴリです。随時更新しております。
↑更新りれきも兼ねております。拍手返信もこちらでいたします。

inserted by FC2 system