えー数ある毛野ちゃん黄金伝説の中でもやはり皆さんに一番インパクトを与えているのは
小文吾への求愛だと思います てかプロポーズネタ続きかよ今気付いたけど
むしろこのエピソードによって毛野ちゃんは犬士でも一、二を争う人気を
不動のものにしていると言っても過言ではありませんな(自分はそこまで重要視してないけど)
ただ、求愛された小文吾の方には問題あるかもしれないな。

ということでネタにしてみました。






しかしここは小文吾、色欲に惑わされない犬士であります。

旦開野の命をかけようとまで言う告白をキッパリ断って、



からのー


この窮状を抜けたらの話だけど



































はいおそまつー

しかしですねー二次作品にふれまくってる弊害なんか知らんのですけど、
今回このネタやるに当たって岩波と完訳と白井訳を参照してたんだけど、
「お嫁さんにして欲しいのっ☆」(CV:あーりん)なんて、言ってないんだよね。
あくまで意訳というか。旦開野は「心惹かれていた」「なぜ私を連れて逃げてくれない」くらいしか言ってなくて。
いや小文吾の方は↑の通りなんだけどね。

うーんぴんく先生の八犬伝がわたしのバイブルだからかしょうがないな…
だってそっちの方がインパクトあるもんね。
それに、だってー……あさけのなんだもーん☆ ←結局それ言いたいだけか。


小ネタ↓

【小文吾】そう言えば毛野さん、わしはお前さんを殺そうとしたっけのう。
【毛野】おお。覚悟あんのかゴルァ的な、な。まっ、のんきに言えることじゃねーけど。
【小文吾】もし……もしじゃよ。本当にわしが傷つけようとしてたら……。
【毛野】ははっ小文吾がそんなことするわけねーじゃん。信頼してるって、最初から今まで。
【小文吾】いや、もしの話。
【毛野】そらー……

【毛野】足払いして地に倒してからのオレ秘蔵のプロレス技56連発は軽かったかな<●><●>

【小文吾】(め、目が本気じゃ……!?!?!?)

小文吾かつげるくらいだから力量あるよね。
というかこれ絵にした方がよかったな(※ただし筆者はプロレス全然わかんないです)

inserted by FC2 system